コンセプト

リアル志向、現実性。

様々なシチュエーションに対応できるギア。
装備としての「Real Clothes」を目指して。

JÄGER Assault System Plate CarrierⅡ

付属品

Elastic 3mag panel
QR 2bands molle cummerbund
MSAP6×6 side plate cushion pouch
Shoulder pad
QASM buckle

仕様

ZIP Panel Base
Drag Handle
Quick Release System
—Cobra Buckle
—Hinge Buckle

カラー展開

Multicam
Multicam Black
Multicam Tropic
Ranger Green
Coyote Brown

  • MC

  • MCTP

  • RG

  • CB

Elastic 3mag panel

M4系マガジンが3本携行できるマガジンパネルです。
Elasticですが間にwebbingを縫い付けることにより口が開き、素早くマガジンを戻すことができます。
適度な保持力がありFlashbangやCATなど、様々な物を携行できます。

QR 2bands Molle Cummerbund

最近のMilitaryシーンでは2本バンドのカマーバンドをよく見かけます。
メディカルポーチやハンドガンマグなどが、ベルトキット等のファーストラインに移った結果脇周りはあまり拡張しないようです。
カマーバンドを外す際、マガジンパネルのベルクロを剥がす動作に面倒と感じました。
そこで日本で初めて製品として、Quick Release(QRと記載)可能なHinge Buckleを採用しました。

当カマーバンドのサイズは8コマ約29cm+ベルクロ11cmです。
サイズ調整はプレートキャリア背面で行いますので、様々なサイズに調整可能です。

MSAP 6×6 Side Plate Cushion Pouch

当MSAP 6×6サイドプレートポーチはJPCとMBAVを混ぜたようなデザインです。
プレートのポケットにアンテナの配線等を入れられて、webbingで固定できます。
身体の前後を保持する、取り外し可能な専用クッションも付属。
カマーバンドの内側に装着するラジオポーチが、直接身体に当たることがなくなります。

装着例

脇を包むように前後を保持します。
QR Hinge Buckleを使用する際、邪魔にならないデザインです。

Shoulder Pad

  • 製品版と仕様が異なります

  • 製品版

  • 別売パーツによる拡張例

ロングタイプのショルダーパッドは鎖骨、肩、背中までを保護します。
コブラバックルが身体に当たらないよう考慮しました。
こちらも身体に当たる部分はクッションメッシュで通気性があります。

製品版は表面が各カラーのベルクロ仕様。
プレートキャリアに合わせたシンプルなデザインに。
別売パーツやお手持ちのベルクロパーツが使用可能です。

QASM Buckle

胸の縦webbingに取付け可能なBuckleが2個付属で拡張性が上がります。
JÄGER Assault System 各マガジンパネルや、各社swiftclip規格のプラカードやパネルが取付け可能です。

ZIP Panel Base

背中のジッパーは強靭なハイパロンに挟み縫い付け。
ZIP Panelを付けた際、カマーバンドを通すためと強度UPを望めます。

ジッパー長、サイズは
Direct Action SPITFIRE Assault PanelやCRYE PACK ZIP-ON Panel S/Mなどに対応しています。

Drag Handle

実戦で負傷する動画や、隊員の装備を見るとドラッグハンドルの必要性を再確認できます。
使用しない時はベルクロで本体に付く仕様にし、簡単に剥がせる工夫をしました。

Quick Release System

贅沢に両肩にCobra Buckle、カマーバンドにHinge QR Buckleを使用しました。

GT Cobra Buckle

言わずと知れたカッコいいバックルです。
見た目だけでなく、力のいらないリリース機能が特徴です。

肩のバックルが両サイドあることは賛否両論です。
人の癖によっては銃の構えにくさが生じる可能性があるためです。
しかし、背中を負傷しプレートキャリアを脱がせる際クイックリリースできないことでナイフで切ることがあるようです。
ワイヤー式のクイックリリースとありますが、普段の脱着も考えて両肩にバックルを配置しました。

Hinge QR Buckle

PSIGEAR製、革新的なクイックリリースバックルです。
上下のボタンを押すことでリリースできます。

ベルクロで固定するカマーバンドは、剥がす手間がありました。
Hinge QR Buckleによりその手間を解消。
剥がす回数が減ることで、ベルクロの劣化も解消できます。

クイックリリースは、肩、カマーバンド共に1タッチで行えます。

着用・セットアップ例

オプションパーツ

商品ページ

powered by crayon(クレヨン)